株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



ライブラリ社会学 8

「社会問題の社会学」

副田義也(筑波大学名誉教授) 編

定価:2,700円(本体2,500円+税)
発行:サイエンス社
発行日:1989-10-01
ISBN 978-4-7819-0561-7 / A5判/264頁


<内容詳細>
社会の秩序維持にとって逆機能となるような現象が社会的広がりをもって発生しているとき,それを社会問題と呼ぶ.本編では,マルクス主義の社会問題理論とアメリカ社会学のそれとを統合する野心的な試みに加え,現代日本の社会問題の実証研究をあわせ収録.

<目次>
1 社会問題の社会学
    1-1 措定命題にかんする注解
    1-2 社会問題の類型
    1-3 産出命題にかんする注解
    1-4 制御命題にかんする注解
2 交通遺児家庭問題の成立と展開
    2-1 交通事故の脅威
    2-2 交通遺児家庭問題の成立過程
    2-3 交通遺児家庭問題の展開過程
3 社会問題としての痴呆性老人
    3-1 痴呆性老人の事例
    3-2 痴呆性老人の現状
    3-3 痴呆性老人の介護者の実態
    3-4 介護のための政策
4 アルコール依存症者をめぐる相互作用とラベリング
    4-1 「アルコール依存症」と「アル中」
    4-2 アルコール依存症者をめぐる社会的ラベル貼り\r
    4-3 アルコール依存症者の自己ラベル貼り\r
5 生活保護における指導の実施過程
    5-1 生活保護における指導の実際
    5-2 指導の類型と主な目標
    5-3 私事への介入