株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



人文社会叢書 10

「日本社会は平等か」
〜 中堅サラリーマンのイメージ 〜

石川晃弘(中央大学名誉教授)
川崎嘉元 編

定価:1,512円(本体1,400円+税)
発行:サイエンス社
発行日:1991-07-01
ISBN 978-4-7819-0620-1 / B6判/216頁


<内容詳細>
「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」というが,果たして「社会」は人の上に人をつくり,人の下に人をつくっていないだろうか.中堅サラリーマン約五百人への調査結果を綿密に分析.

<目次>
1 日本社会は平等か
    1-1 日本は平等社会になったのか
    1-2 サラリーマンの平等観
    1-3 「結果の平等」と「機会の平等」
    1-4 次章からの課題
2 不平等を感じるとき
    2-1 はじめに
    2-2 「誰が」不平等に扱うのか
    2-3 「誰を」不平等に扱うのか
    2-4 「どのような点」で不平等に扱うのか
    2-5 結論
3 生活のなかの平等と不平等
    3-1 はじめに
    3-2 日本社会における平等と不平等の論理
    3-3 理想と現実のギャップ
    3-4 日本型競争社会?
4 日本は学歴社会か
    4-1 はじめに
    4-2 学歴による客観的な格差
    4-3 格差の認識
    4-4 日本が学歴社会だと思っている人々
    4-5 おわりに
5 女性の不平等観
    5-1 はじめに
    5-2 調査結果の分析
    5-3 性別による日本社会観
    5-4 性別による社会的立場の違い
    5-5 男性と女性の平等観
    5-6 女性の考え方
    5-7 結論
6 政治参加をめぐる不平等意識
    6-1 問題
    6-2 政治参加の不平等と人々の意識との関係
    6-3 政治的影響力の格差の認知と適切さの評価
    6-4 個人差の分析
    6-5 結論
7 望ましい社会と日本社会の現実
    7-1 「望ましい社会」とはどのような社会か
    7-2 日本は望ましい社会になっているか
    7-3 誰が平等な社会をつくるのか
    7-4 まとめにかえて