株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  





「ニューロサイエンス入門」

松村道一(元京都大学教授) 著

定価:2,916円(本体2,700円+税)
発行:サイエンス社
発行日:1995-12-01
ISBN 978-4-7819-0783-3 / A5判/344頁


<内容詳細>
初めての人のために,生物学・化学・医学等の予備知識は必要とせずに極めてわかりやすく解説された神経科学へのいざないの書.単なる事実の紹介にとどまらず,最先端の研究テーマも数多く紹介した.心理学および情報科学の領域においては特に有用な内容である.

<目次>
1 こころと脳の科学への招待
    1-1 神経科学へのいざない
    1-2 精神の座を求めて
    1-3 本書の構成について
2 中枢神経系の構造
    2-1 散在神経系から中枢神経系へ
    2-2 ニューロンとグリア
    2-3 脳の発達と老化
3 神経情報伝達の仕組み
    3-1 ニューロンは興奮する
    3-2 興奮はシナプスで次の細胞に伝達される
    3-3 神経系の情報とは何か
4 神経回路網の情報処理
    4-1 神経系の基本回路
    4-2 論理回路と論理的思考
    4-3 形式ニューロンと神経回路網
5 視覚の認知メカニズム
    5-1 網膜の光受容
    5-2 視覚情報の中継路
    5-3 大脳皮質第1次視覚野の機能\r
    5-4 高次視覚野の情報処理
6 聴覚の認知メカニズム
    6-1 物理的振動から神経情報へ
    6-2 聴覚情報の特徴抽出と伝導経路
    6-3 大脳皮質聴覚野の働き
    6-4 音声の認知機構\r
7 体性感覚のメカニズム
    7-1 体性感覚の受容機構\r
    7-2 体性感覚野の情報処理機構\r
8 化学受容のメカニズム
    8-1 味覚の情報処理
    8-2 嗅覚の情報処理
9 反射運動とリズム運動のメカニズム
    9-1 筋収縮のメカニズム
    9-2 脊髄による運動支配
    9-3 脳幹と脊髄の運動制御
10 随意運動から行動へ
    10-1 大脳皮質運動野の随意運動制御
    10-2 運動前野と補足運動野の働き
    10-3 大脳 小脳ループ・大脳 大脳基底核ループによる運動制御
    10-4 運動制御と運動学習の階層メカニズム
11 大脳皮質の最高中枢 連合野の機能\r
    11-1 頭頂連合野の機能\r
    11-2 側頭連合野の機能\r
    11-3 前頭連合野の機能\r
    11-4 上位階層としての連合野
12 大脳半球間の機能差
    12-1 大脳半球の左右差 利き手と言語
    12-2 大脳半球の左右差 認知機能\r
    12-3 中枢神経系の男女差
13 辺縁系と網様体
    13-1 視床下部と自律神経系 身体の調節機構\r
    13-2 扁桃体 情動の中枢機構\r
    13-3 海馬と大脳辺縁系 長期記憶の機構\r
    13-4 網様体と意識
14 脳の代謝栄養と神経疾患
    14-1 脳の栄養補給
    14-2 ニューロン内外の代謝と合成
    14-3 伝達物質の広域投射系
    14-4 神経疾患と伝達物質
    14-5 幻覚の薬理学
15 学習のシナプス機構\r
    15-1 学習のシナプス仮説
    15-2 ニューロンの可塑性
    15-3 受動的学習のシナプス機構\r
    15-4 能動的学習のシナプス機構\r
16 人工知能とニューラルネットワーク
    16-1 人工知能研究の歴史
    16-2 ニューラルネットの研究
17 知性・意識と階層性
    17-1 複雑さと相互作用
    17-2 巨大システムのエラーと安定
    17-3 自然界の階層性
    17-4 ゲーデルの不完全性定理とメタ認識
    17-5 意識と階層性
18 脳研究のメソドロジー
    18-1 脳研究の様々な立場
    18-2 個別研究分野の成果と限界
    18-3 脳研究が直面する課題