株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・数理科学ライブラリ [物理学] 1

「物理学入門」

宮下精二(東京大学教授) 著

定価:1,998円(本体1,850円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2003-12-10
ISBN 978-4-7819-1047-5 / B5判/272頁


<内容詳細>
長さ,時間など物理学に必要な単位を用いた自然の表し方からはじめ,質点の運動,連続体,電磁気学,光学まで,物理学の基礎的な法則を説明する.相対性理論,量子力学,カオスなどの話題は最終章で取り上げ,今後への予備知識を与えている.

<目次>
1.物理学の考え方
    1.1 式による表現
    1.2 自然の表わし方

2.質点の力学
    2.1 方程式で運動を捉える
    2.2 運動方程式
    2.3 ニュートンの運動方程式
    2.4 運動方程式を解く
    2.5 運動量とエネルギー
    2.6 摩擦
    2.7 強制振動
    2.8 惑星の運動
    2.9 慣性系
    2.10 剛体の力学
    2.11 章末問題

3.連続体
    3.1 弾性体力学
    3.2 流体力学
    3.3 章末問題

4.振動・波動
    4.1 振動
    4.2 波動方程式
    4.3 音の大きさ,高さ,音色
    4.4 ドップラー効果
    4.5 フーリエ級数展開
    4.6 章末問題

5.電磁気学
    5.1 クーロン相互作用
    5.2 電流と磁場
    5.3 電場と電束密度
    5.4 磁場と磁束密度
    5.5 ローレンツ力
    5.6 電磁誘導
    5.7 マクスウェルの方程式
    5.8 回路
    5.9 半導体とトランジスタ
    5.10 章末問題

6.光学
    6.1 幾何光学
    6.2 波動光学
    6.3 量子光学
    6.4 章末問題

7.熱力学
    7.1 温度,熱とは
    7.2 熱力学の法則
    7.3 エントロピーと温度
    7.4 熱力学ポテンシャル
    7.5 マクスウェルの関係
    7.6 熱の移動
    7.7 熱力学的安定性
    7.8 理想気体の性質
    7.9 混合のエントロピー
    7.10 実在気体と相転移
    7.11 クラペイロン・クラウジウスの関係
    7.12 章末問題

8.トピックス
    8.1 相対性理論
    8.2 量子力学
    8.3 統計力学と散逸現象
    8.4 ランダムウォークと拡散
    8.5 散逸現象
    8.6 線形安定性
    8.7 カオス
    8.8 フラクタル
    8.9 物質の構造
    8.10 原子核,素粒子

章末問題解答

索引