株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・生命科学ライブラリ-バイオと技術 3

「ナノバイオ入門」
〜 ナノバイオロジーとナノバイオテクノロジー 〜

嶋本伸雄(国立遺伝学研究所教授) 編

定価:2,160円(本体2,000円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2005-04-25
ISBN 978-4-7819-1090-1 / A5判/208頁


<内容詳細>
ナノテクからの発展分野である「ナノバイオ」の開発最終目標はナノバイオマシンと呼ばれる究極の夢のマシンである.その開発にはナノバイオロジーの進歩とナノバイオテクノロジーの技術が必要不可欠であることを正面からとりあげた初の入門書.

<目次>
第1章 ナノバイオロジーとナノバイオマシン
    1.1 生まれるべくして生まれたナノバイオロジー
    1.2 ナノバイオテクノロジー
    1.3 ナノバイオにおける科学と工学の関係
    1.4 ナノバイオの科学と医学・工学の出口

第2章 生物におけるナノバイオマシン
    2.1 現代生物学における機械論の発展と限界
    2.2 生物における分子機械と従来の人工機械との差の本質
    2.3 ナノバイオマシンのジレンマとその解決の秘密
    2.4 転写ナノマシンの例
    2.5 転写マシンの中の隠しエネルギー:生体ナノマシンの戦略
    2.6 生体ナノバイオマシンの初期状態への回復
    2.7 生物反応におけるスイッチ:閾値を作る化学反応
    2.8 自然界にあるナノバイオマシンの具体例:リボソーム

第3章 ボトムアップのテクニックと理論
    3.1 バイオテクノロジー
    3.2 時間変化の解析法
    3.3 蛍光の測定技術

第4章 トップダウンのテクニック
    4.1 機械的・MEMS技術
    4.2 光学技術
    4.3 光計測技術
    4.4 電気力学的技術
    4.5 化学的技術

第5章 ナノ構造体とその応用
    5.1 人工ナノ微粒子
    5.2 生物由来ナノ構造体
    5.3 バイオナノインターフェイス

第6章 日本のナノバイオの特徴と展望
    6.1 科学技術の苦戦・崩壊のストーリー
    6.2 米国でのナノバイオ
    6.3 ECでのナノバイオ
    6.4 台湾のナノテクノロジー
    6.5 日本のナノバイオロードマップ
    6.6 ナノバイオに必要なこと

索引