株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



ライブラリ 新・基礎物理学 3

「新・基礎 波動・光・熱学」

永田一清(元東京工業大学教授)
松原郁哉(神奈川歯科大学准教授) 著

定価:1,944円(本体1,800円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2006-07-10
ISBN 978-4-7819-1130-4 / A5判/232頁


<内容詳細>
本書は斯学の基礎からわかりやすく丁寧に解説した教科・参考書.見やすい体裁と章末にまとめた例題・演習問題により,さらなる理解を深める.2色刷.

<目次>
I 部 波動 力学的な波と音
第0章 はじめに
    0.1 波の性質
    0.2 波のタイプ
    0.3 波の表現
    0.4 正弦波

第1章 波の重ね合わせ
    1.1 重ね合わせの原理
    1.2 直線上を進む波の反射
    1.3 定常波
    1.4 群速度と位相速度

第2章 波の伝わり方
    2.1 2次元波
    2.2 ホイヘンスの原理
    2.3 波の反射と屈折
    2.4 波の干渉と回析

第3章 波のエネルギー
    3.1 波動方程式
    3.2 種々の弾性体中の波の速さ
    3.3 波のエネルギー

第4章 音と音波
    4.1 音の速さ
    4.2 音の大きさ
    4.3 音の高さ
    4.4 音色
    4.5 ドップラー効果

II 部 光 電磁気学的な波
第5章 光の本性
    5.1 粒子性と波動性
    5.2 光の速さ
    5.3 光と色
    5.4 光は横波 ― 偏光

第6章 幾何光学
    6.1 フェルマーの原理
    6.2 平面鏡による反射
    6.3 球面での反射と屈折
    6.4 薄いレンズによる像

第7章 波動光学
    7.1 2重スリットによる干渉
    7.2 光のいろいろな干渉の例
    7.3 光の回析(1) ― スリットによる回析
    7.4 光の回析(2) ― 回析格子

III 部 熱力学 熱と温度に関する理論
第8章 熱と温度
    8.1 熱平衡と温度
    8.2 温度計と温度目盛
    8.3 気体温度計と絶対温度目盛
    8.4 固体と液体の熱膨張
    8.5 熱容量と比熱
    8.6 相と相転移

第9章 熱力学の第1法則
    9.1 熱と内部エネルギー
    9.2 仕事と熱
    9.3 熱力学の第1法則
    9.4 いろいろな状態変化
    9.5 熱伝達(熱の移動)

第10章 気体の分子運動論
    10.1 理想気体の分子モデル
    10.2 理想気体の圧力
    10.3 温度の分子論的解釈
    10.4 理想気体の内部エネルギー
    10.5 理想気体の断熱変化

第11章 熱力学の第2法則
    11.1 熱力学の第2法則
    11.2 カルノーサイクル
    11.3 エントロピー

演習問題解答
索引