株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・物質科学ライブラリ 7

「基礎分析化学」

宗林由樹(京都大学教授)
向井 浩(京都教育大学教授) 著

定価:2,052円(本体1,900円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2007-01-25
ISBN 978-4-7819-1155-7 / A5判/224頁


<内容詳細>
本書は初学者向きに分析化学の基礎を分かりやすくまとめている.図表や例題を数多く配置するなど,理解しやすいよう工夫された好個の教科・参考書.

<目次>
第1章 定量分析の基礎
  1.1 分析化学とは何か?
  1.2 基本的な器具と操作
  1.3 分析データの取扱い
  演習問題

第2章 分析化学における化学平衡
  2.1 化学反応の分類
  2.2 モル濃度平衡定数
  2.3 平衡計算の基本
  2.4 溶媒としての水
  2.5 共通イオン効果
  2.6 活量
  2.7 容量分析の原理
  演習問題

第3章 酸塩基反応
  3.1 酸塩基理論
  3.2 水溶液における酸塩基反応
  3.3 pH
  3.4 強酸と強塩基
  3.5 弱酸と弱塩基
  3.6 塩溶液のpH
  3.7 緩衝液
  3.8 多塩基酸とその塩
  演習問題

第4章 酸塩基滴定
  4.1 強酸または強塩基の滴定
  4.2 弱酸または弱塩基の滴定
  4.3 多塩基酸または多酸塩基の滴定
  4.4 酸の混合物の滴定
  4.5 終点の検出
  演習問題

第5章 錯生成反応
  5.1 配位子と錯体
  5.2 生成定数
  5.3 錯体の安定度を支配する要因
  演習問題

第6章 キレート滴定
  6.1 EDTA
  6.2 終点の検出
  演習問題

第7章 沈殿反応
  7.1 溶解平衡と溶解度積
  7.2 溶液組成による溶解度の変化
  7.3 イオン積による沈殿生成の予測
  演習問題

第8章 重量分析
  8.1 おもな重量分析とその手順
  8.2 沈殿の生成
  8.3 沈殿の熟成
  8.4 共沈
  8.5 均一沈殿法
  演習問題

第9章 沈殿滴定
  9.1 おもな沈殿滴定
  9.2 滴定曲線
  9.3 終点の検出
  演習問題

第10章 酸化還元反応
  10.1 電気化学セル
  10.2 酸化還元電位
  10.3 参照電極
  10.4 酸化還元反応のつり合わせ方
  10.5 未知の標準酸化還元電位の計算
  10.6 ネルンストの式
  10.7 酸化還元反応の平衡電位と平衡定数
  10.8 見掛け電位
  10.9 電極電位の限界
  演習問題

第11章 酸化還元滴定
  11.1 滴定曲線
  11.2 ヨウ素を利用する酸化還元滴定
  11.3 終点の検出
  演習問題

第12章 分配反応
  12.1 溶媒抽出
  12.2 イオン交換
  12.3 pHガラス電極
  演習問題

付録
演習問題略解
さらに勉強するために
索引