株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・生命科学ライブラリ-C 2

細胞が生きるしくみII
「細胞内シグナル伝達」

金保安則(筑波大学教授) 著

定価:1,728円(本体1,600円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2007-04-10
ISBN 978-4-7819-1163-2 / A5判/136頁


<内容詳細>
多細胞生物は細胞間の情報(シグナル)交換と細胞機能の発現によって外界からの情報に適切に応答する.本書では疾患の発症原因解明から臨床応用への発展も期待される細胞内シグナル伝達について図を多用し分かり易く解説した.

<目次>
第1章 細胞内シグナル伝達の概要
  1.1 多細胞生物における細胞間での情報交換
  1.2 細胞外シグナル物質
  1.3 細胞の構造
  1.4 細胞内シグナル伝達
  1.5 細胞外シグナル物質の認識・受容装置―受容体―
  1.6 細胞内シグナル伝達研究の意義

第2章 7回膜貫通型受容体シグナル伝達系
  2.1 7回膜貫通型受容体
  2.2 三量体Gタンパク質 heterotrimeric G protein
  2.3 三量体Gタンパク質の制御因子
  2.4 細菌毒素による三量体Gタンパク質の修飾
  2.5 三量体Gタンパク質の標的分子―効果器―
  2.6 セカンドメッセンジャーとその役割

第3章 チロシンキナーゼ内蔵型受容体シグナル伝達系
  3.1 チロシンキナーゼ内蔵型受容体
  3.2 アダプタータンパク質(adaptor protein,アダプター型SH2分子)
  3.3 Sosと低分子量Gタンパク質Ras
  3.4 MAPキナーゼカスケード
  3.5 受容体の自己リン酸化チロシンを認識する酵素型SH2分子

第4章 イオンチャネル内在型受容体シグナル伝達系

第5章 細胞膜リン脂質を介するシグナル伝達系
  5.1 シグナル伝達分子としてのリン脂質
  5.2 PI-PLC
  5.3 PI3キナーゼ
  5.4 PIP5K
  5.5 PLD

第6章 その他のシグナル伝達系
  6.1 インスリン受容体シグナル伝達系
  6.2 Wnt受容体シグナル伝達系
  6.3 アポトーシスシグナル伝達系
  6.4 生存シグナル伝達系
  6.5 細胞形態および運動を制御するシグナル伝達系

第7章 癌と細胞内シグナル伝達
  7.1 癌とGタンパク質
  7.2 チロシンキナーゼ内蔵型受容体シグナル伝達系の破綻と癌

索引