株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



数学基礎コースQ 5

「概説 確率統計[第2版]」

前園宜彦(九州大学教授) 著

定価:1,512円(本体1,400円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2009-09-10
ISBN 978-4-7819-1234-9 / A5判/176頁


<内容詳細>
刊行以来好評を得てきたテキストの第2版.特に有意水準と棄却域の関係を明示し,二元配置実験の項目を追加.さらに回帰分析では決定係数の説明を補足.内容を基礎的なものに精選し,分かり易くまとめられている.

<目次>
第1章 確率
  1.1 確率
  1.2 条件付き確率と事象の独立
  1.3 順列と組合せ
  1.4 発展:ベイズの定理
  演習問題

第2章 確率変数とその分布
  2.1 離散型確率変数
  2.2 連続型確率変数
  2.3 分布関数
  2.4 多次元分布
  2.5 確率変数の独立
  2.6 正規分布に関連した分布
  2.7 発展1:その他の分布
  2.8 発展2:多次元正規分布
  演習問題

第3章 期待値と分散
  3.1 期待値
  3.2 分散
  3.3 発展1:共分散の例
  3.4 発展2:中心極限定理
  演習問題

第4章 データの処理
  4.1 度数分布表とヒストグラム
  4.2 箱ひげ図
  4.3 散布図
  4.4 多次元のグラフ化

第5章 統計的推定
  5.1 点推定
  5.2 区間推定
  5.3 正規母集団の区間推定
  5.4 発展:比率の推定
  演習問題

第6章 統計的仮説検定
  6.1 母平均の検定
  6.2 母分散の検定
  6.3 母平均の差の検定(2標本)
  6.4 等分散の検定(2標本)
  6.5 対応のあるデータ
  6.6 発展1:比率の検定
  6.7 発展2:検定の誤りと検出力
  6.8 発展3:信頼区間と検定
  6.9 発展4:分散分析
  6.10 発展5:適合度検定
  演習問題

第7章 相関および回帰分析
  7.1 相関分析
  7.2 回帰分析
  7.3 発展1:フィッシャーのz-変換
  7.4 発展2:重回帰分析
  演習問題

演習問題の解答
付表
参考書
索引