株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  





「グラフィック学校臨床心理学」

伊藤美奈子(奈良女子大学教授)
相馬誠一(東京家政大学教授) 編著

定価:2,700円(本体2,500円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2010-10-25
ISBN 978-4-7819-1257-8 / A5判/288頁


<内容詳細>
学校現場は今,様々な変化の波にさらされています.学習指導要領が改訂され,身につけるべき学習内容が大幅に増加する一方,子どもたちの「心の問題」も多様化し,保護者への対応も教師の負胆となっています. 本書は,こうした時代の変化とニーズを受け生まれた「学校臨床心理学」という新しい学問を7人の現場経験豊富な著者陣が多数の図版を用いてわかりやすく理論化し,その実際を紹介しています.これから学校現場に入ろうとする学生・院生や学校現場の教師たちに,大きな示唆を与える一冊となることでしょう.見開き形式・2色刷.

<目次>
1章 学校臨床心理学の理論
  1.1 教育学と学校臨床心理学
  1.2 発達心理学と学校臨床心理学
  1.3 教育心理学と学校臨床心理学
  1.4 学校臨床心理学とは

2章 学校臨床心理学の展開
  2.1 生徒指導に活かす
  2.2 進路指導に活かす
  2.3 教育相談に活かす
  2.4 特別支援教育に活かす
  2.5 教師への支援

3章 学校臨床心理学の実際
  3.1 開発的支援
  3.2 予防的支援
  3.3 問題解決的支援

4章 今後の学校臨床心理学
  4.1 学校臨床心理の組織と運営
  4.2 外部機関との連携
  4.3 地域との連携
  4.4 父母との連携
  4.5 アメリカにおける学校臨床心理学

参考図書
引用文献
人名索引
事項索引
おわりに
執筆者紹介