株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・生命科学ライブラリ-B 1

細胞の形とうごきI
「細胞核の生物学」

米田悦啓(大阪大学教授) 著

定価:2,808円(本体2,600円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2011-03-10
ISBN 978-4-7819-1266-0 / A5判/112頁


<内容詳細>
核と細胞質の間の分子輸送に関わる因子について解説する.細胞核,核膜,細胞孔などの各部分の解説の後,細胞質と核の間の分子輸送について述べ,輸送と生命機能について輸送因子の一つであるインポーティンαファミリー分子に着目し,様々な例をもとに解説する.

<目次>
第1章 細胞核とは
  1.1 真核細胞と原核細胞
  1.2 核の歴史
  1.3 核の大きさ,形や数
  1.4 核の構造

第2章 核膜
  2.1 核膜の膜としての特徴
  2.2 核ラミナ
  2.3 細胞分裂における核膜の崩壊と再構築

第3章 核膜孔
  3.1 核膜孔を介した物質流通
  3.2 核膜孔複合体
  3.3 ヌクレオポリン
  3.4 ヌクレオポリンの局在と動態

第4章 核小体やその他核内構造体
  4.1 染色体ドメインと染色体間ドメイン
  4.2 核小体
  4.3 カハール小体(カハールボディー)
  4.4 PML小体(PMLボディー)
  4.5 核スペックル
  4.6 核マトリクス

第5章 細胞質から核への分子輸送
  5.1 単純拡散か能動輸送か
  5.2 選別輸送存在の証明
  5.3 核局在化シグナル
  5.4 核局在化シグナルを含む合成ペプチドの利用
  5.5 試験管内核輸送実験系
  5.6 核膜孔ターゲティング複合体
  5.7 インポーティンα
  5.8 インポーティンβ
  5.9 低分子量 GTPase Ran
  5.10 インポーティンα,インポーティンβとRanによる
     核蛋白質輸送の基本分子メカニズム
  5.11 核蛋白質輸送の多様性

第6章 核から細胞質への分子輸送
  6.1 核外輸送シグナル
  6.2 核外輸送因子
  6.3 蛋白質の核外輸送の基本的分子メカニズム
  6.4 RNAの核外輸送

第7章 核 ― 細胞質間輸送と生命機能
  7.1 インポーティンαがファミリーを形成する理由
  7.2 線虫やショウジョウバエの知見
  7.3 マウスES細胞を用いた細胞分化とインポーティンα
  7.4 インポーティンαファミリーサブタイプ発現
     スイッチングと神経分化
  7.5 インポーティンαと神経分化誘導
  7.6 インポーティンαサブタイプ発現スイッチングによる
     神経細胞分化のメカニズム
  7.7 今後の展望

参考文献
索引