株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  





「数学の道しるべ」
〜 研究者の道とは何か 〜

数理科学編集部 編

定価:2,754円(本体2,550円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2011-04-25
ISBN 978-4-7819-1281-3 / A5判/208頁


<内容詳細>
月刊誌「数理科学」の連載『数学の道しるべ』(2008年6月号〜2010年12月号,全19回) に掲載された記事を再編集し一冊に収録.研究者の道とは何か,数学者からの各人各様の経験,体験を通したメッセージを伝える.

<目次>
「偶然の連続」 斎藤恭司
「プリンストン研究所滞在記(1976-78)」 松本幸夫
「教育と研究 過去から未来へ」 森田康夫
「数学との出会いからDonaldson-Tian-Yau予想まで」 満渕俊樹
「ささやかな経験」 磯崎 洋
「数学にひきつけられて」 石井志保子
「三角関数への列車の旅」 黒川信重
「ただただ難しい数学を眺めて」 宮本雅彦
「確率論との出会い」 楠岡成雄
「多様で自由な学問―数学」 儀我美一
「ある応用数学者の弁明」 岡本 久
「面白いから」 平田典子
「無駄のすすめ」 坪井明人
「人生200年,ようやく往路の半分」 小谷元子
「あきらめないで」 森下昌紀
「駆け出しの頃を思い出して」 小野 薫
「私はどうして数学者になったか」 河東泰之
「私の微分幾何学者時代」 中島 啓
「深海を潜る」 藤原耕二