株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



情報系のための数学 3

「例解と演習 離散数学」

守屋悦朗(早稲田大学教授) 著

定価:2,592円(本体2,400円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2011-11-10
ISBN 978-4-7819-1292-9 / A5判/288頁


<内容詳細>
離散数学を学ぶ上で必須の概念が身に付くような問題を多数集めた演習書.基本事項の解説の後に例題・問題の構成となっており,さらに学んだことを確認できるよう,巻末に総合問題を設けた.

<目次>
第1章 基本的な数学概念
  1.1 集合
  1.2 関数
  1.3 無限集合と濃度
  1.4 行列
  1.5 命題と述語
  1.6 言語=文字列の集合

第2章 数学的帰納法と再帰的定義
  2.1 数学的帰納法
  2.2 再帰的定義
  2.3 バッカス記法

第3章 関係
  3.1 2項関係
  3.2 同値関係
  3.3 順序
  3.4 有向グラフ
  3.5 2項関係補遺
  3.6 関係データベース

第4章 グラフ
  4.1 グラフについての基本的概念
  4.2 連結性
  4.3 いろいろなグラフ
  4.4 ラベル付きグラフ
  4.5 グラフアルゴリズム

第5章 論理とその応用
  5.1 命題論理
  5.2 述語論理
  5.3 論理回路

第6章 アルゴリズムの解析
  6.1 関数の漸近的性質
  6.2 分割統治法
  6.3 再帰方程式の解法
  6.4 数え挙げ
  6.5 確率

第7章 総合問題

問題解答
索引