株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



コンパクト新心理学ライブラリ 1

「心理学 第2版」
〜 心のはたらきを知る 〜

梅本堯夫(元京都大学教授)
大山 正(元東京大学/日本大学教授)
岡本浩一(東洋英和女学院大学教授)
高橋雅延(聖心女子大学教授) 著

定価:1,512円(本体1,400円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2014-04-25
ISBN 978-4-7819-1338-4 / 四六判/224頁


<内容詳細>
本書は,心理学をはじめて学ぶ大学生,短大生のためのテキストとして好評を博してきた入門書の改訂版です.歴史,感覚と知覚,動機づけと情動について新たな解説を加え,いっそう内容を充実させました.また,研究の進展が著しい学習と記憶,意識・思考・言語の章については,新たな著者を加え,近年重要度が増している事項や初版刊行後に得られた知見を盛り込みました.さらに,各ページの欄外に重要語句の英語表記を加えることで,より上級の学習への橋渡しとなるよう,配慮しています.本文体裁も刷新し,より見やすい3色刷としました.左右見開き構成.

<目次>
1章 歴史と方法
  心理学とは
  心理学の歴史
  心理学の方法
  参考図書

2章 感覚と知覚
  感覚と知覚
  感覚の一般的性質
  色覚の場合
  知覚
  空間知覚
  運動の知覚
  参考図書

3章 学習と記憶
  学習
  学習の成立
  古典的条件づけ
  馴化
  条件抑制(制止)
  情動条件づけ
  試行錯誤学習
  オペラント条件づけ(道具的条件づけ)
  学習と強化
  賞罰
  反応形成
  般化と弁別
  反復
  観察学習(モデリング)
  記憶
  記憶の時間的過程
  記憶の種類
  顕在記憶と潜在記憶
  記憶の測定
  記憶のゆがみ
  記憶の相互干渉
  忘却説
  記憶術
  参考図書

4章 意識・思考・言語
  意識
  問題解決と思考
  関係把握と推論
  表象と概念
  概念学習
  言語
  参考図書

5章 動機づけと情動
  動機づけと情動
  動機づけ
  動機と行動
  情動
  参考図書

6章 発達
  刻印づけ(刷り込み,インプリンティング)
  臨界期
  マザリング
  母性剥奪
  遺伝と環境
  ピアジェの認知発達の理論
  エリクソンの心理社会的発達課題
  コールバーグの道徳性発達理論
  生涯発達の視点
  参考図書

7章 性格
  類型と特性
  ビッグ・ファイブ
  タイプAとタイプC
  権威主義的人格
  フロイトの人格観
  投影テスト
  ギルフォードの性格因子論と矢田部-ギルフォード性格テスト
  性別アイデンティティ
  気質
  参考図書

8章 対人関係
  対人魅力
  恋愛の始まりと終焉
  リーダーシップ
  説得のテクニックとその理論
  攻撃行動の代理学習説
  援助行動(社会的干渉)
  社会的促進と社会的手抜き
  集団と集団,集団と個人
  参考図書

引用文献

人名索引

事項索引

執筆者紹介