株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新心理学ライブラリ 1

「心理学への招待[改訂版]」
〜 こころの科学を知る 〜

梅本堯夫(元京都大学教授)
大山 正(元東京大学/日本大学教授) 編著

定価:2,700円(本体2,500円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2014-12-25
ISBN 978-4-7819-1347-6 / A5判/336頁


<内容詳細>
本書は,20年以上にわたり多くの大学・学生から支持を得てきた心理学入門書の改訂版です.その後の心理学の著しい進展や,対象とする領域が拡大している点を鑑み,新たな執筆者が加わって初学者の方に特に習得して頂きたい事項を重点的に修正・追加しました.術語も近年のものに改め,各章末の参考図書についても刷新しました.旧版の大きな特長の一つでもあった視覚的な見やすさも強化し,左右見開き構成・3色刷としました.

<目次>
第1章 歴史と方法
  1.1 心理学の歴史
  1.2 心理学成立の背景
  1.3 心理学の独立
  1.4 20世紀初頭の動向
  1.5 現代心理学の展開
  1.6 心理学の方法
  参考図書

第2章 感覚と知覚
  2.1 感覚と知覚
  2.2 感覚
  2.3 知覚
  参考図書

第3章 記憶
  3.1 記憶の意義
  3.2 記憶と行動
  3.3 記憶の種類
  3.4 記憶の測定
  3.5 感覚記憶
  3.6 短期記憶
  3.7 長期記憶
  3.8 忘却
  3.9 日常の記憶
  参考図書

第4章 学習
  4.1 学習の意味と定義
  4.2 条件づけ
  4.3 社会的学習
  4.4 自律的学習
  4.5 学習の原理
  4.6 学習の神経メカニズム
  参考図書

第5章 思考と言語
  5.1 問題解決
  5.2 表象機能
  5.3 コミュニケーションと言語
  5.4 概念
  5.5 推理
  5.6 創造的思考
  5.7 思考の障害
  参考図書

第6章 情動と動機づけ
  6.1 情動とは何か?
  6.2 情動の指標
  6.3 情動の理論
  6.4 情動の発達と分化
  6.5 情動の機能
  6.6 動機づけ
  参考図書

第7章 発達
  7.1 発達心理学の成立と展開
  7.2 「発達」をどのように考えるか
  7.3 「氏か育ちか」
  7.4 誰の発達を研究するか
  7.5 まとめ
  参考図書

第8章 性格
  8.1 性格の定義
  8.2 性格の理論
  8.3 性格の類型論
  8.4 性格の特性論
  8.5 性格の評価と測定
  参考図書

第9章 社会行動
  9.1 他者の存在と他者との関係の意味
  9.2 対人関係の機制と関係の成立の要因
  9.3 人間関係と集団・組織のダイナミックス
  9.4 社会的ネットワークの意義と現代社会の問題
  参考図書

引用文献
人名索引
事項索引
編著者略歴
執筆者紹介