株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SDB Digital Books 23

「共形場理論【電子版】」
〜 現代数理物理の基礎として 〜

伊藤克司(東京工業大学教授) 著

定価:2,417円(本体2,238円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2017-03-10
JAN 978-4-7819-9923-4 / 電子書籍判/152頁

買いものかごに入れる
在庫あり
立読みする


<内容詳細>
理論物理の基礎としての確固たる位置を占め,豊富な内容を持つに至った2次元の共形場理論を基礎的な事項に絞って解説.
〜この商品は電子書籍です.電子書籍についてのご利用案内を必ずご確認ください.〜

<目次>
第1章 共形変換
  1.1 直交変換
  1.2 共形変換
  1.3 2次元の共形変換

第2章 場と共形不変性
  2.1 作用と保存量
  2.2 経路積分と相関関数
  2.3 共形Ward恒等式

第3章 2次元共形不変性
  3.1 Primary場
  3.2 無限小共形Ward恒等式
  3.3 演算子積と交換関係
  3.4 Virasoro代数
  3.5 自由スカラー場
  3.6 複合演算子のOPE
  3.7 頂点演算子
  3.8 自由フェルミオン

第4章 Virasoro代数の表現と相関関数
  4.1 Virasoro代数の表現
  4.2 Descendant場
  4.3 OPEとBootstrap
  4.4 Crossing対称性

第5章 ミニマル模型
  5.1 Virasoro代数の縮退表現
  5.2 ヌル場と相関関数
  5.3 Fusion則
  5.4 ミニマル模型
  5.5 Kac行列式とユニタリー性
  5.6 共形ブロックとmonodromy不変性
  5.7 4点関数とOPE係数
  5.8 Kacスペクトルと自由場
  5.9 相関関数の自由場表示

第6章 トーラス上のミニマル模型
  6.1 円筒面上のCFT
  6.2 トーラス上のCFT
  6.3 分配関数のモジュラー不変性
  6.4 モジュラー不変性の応用
  6.5 Verlindeの公式

第7章 Boundary CFT
  7.1 2点関数
  7.2 2重化のトリック
  7.3 境界演算子
  7.4 境界状態

参考文献
索引