株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・電子システム工学 8

「電磁波工学の基礎」

中野義昭(東京大学教授) 著

定価:2,376円(本体2,200円+税)
発行:数理工学社
発行日:2015-07-25
ISBN 978-4-86481-030-2 / A5判/208頁


<内容詳細>
携帯電話や電子レンジ等,日常生活の利用で浸透している電磁波は,ごく一部を除けば直接見ることはできず,わかりにくいものである.本書では,電磁波の法則,性質を理解し,学習を通じて電磁波を「見える」ようにする.

<目次>
1 概説
  1.1 電磁波工学の対象とアプローチ
  1.2 電磁波工学の歴史
  1.3 他科目との関係
  1章の問題

2 高周波伝送線路の回路論的取り扱い
  2.1 分布定数線路
  2.2 4端子網表示
  2.3 スミスチャート
  2.4 インピーダンス整合
  2.5 散乱行列
  2章の問題

3 高周波伝送線路
  3.1 電磁波の導出
  3.2 伝搬電磁波の分類
  3.3 矩形導波管
  3.4 同軸線路
  3.5 伝搬電磁波の一般的性質
  3.6 レッヘル線
  3.7 マイクロストリップ線路
  3.8 表面波線路
  3章の問題

4 高周波回路素子
  4.1 分布定数線路共振回路
  4.2 平面共振回路
  4.3 立体共振回路(空洞共振器)
  4.4 モード結合理論
  4章の問題

参考文献
索引