株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



機械工学テキストライブラリ 8

「システム制御入門」

倉田純一(関西大学准教授) 著

定価:2,592円(本体2,400円+税)
発行:数理工学社
発行日:2016-06-25
ISBN 978-4-86481-038-8 / A5判/264頁


<内容詳細>
機械工学を学ぶ学部学生が,システム制御に関する基礎知識を直観的なイメージを大切にしながら学修出来るよう解説した入門書.図表を多く掲載し,機械を活用する上で基礎的な技術であるシステム制御について分かり易くまとめた.

<目次>
第1章 制御とは
  1.1 システムについて
  1.2 制御の定義
  1.3 制御方式
  1.4 フィードバック制御とフィードフォワード制御
  1章の問題

第2章 系の時間領域におけるモデル化
  2.1 動的な系の表現
  2.2 動的表現の基準となる入力
  2章の問題

第3章 周波数領域におけるモデル化
  3.1 時間領域から周波数領域への移行
  3.2 任意の入力に対する出力
  3.3 周波数伝達関数による系の特性の定量化
  3章の問題

第4章 s領域におけるモデル化
  4.1 ラプラス変換による系の表現
  4.2 微分方程式から伝達関数へ
  4.3 伝達関数の3表現
  4.4 ブロック線図の統合
  4章の問題

第5章 伝達関数と図式表現(1)
  5.1 ボード線図による特性表現
  5.2 比例要素
  5.3 積分要素
  5.4 微分要素
  5章の問題

第6章 伝達関数と図式表現(2)
  6.1 一次遅れ系
  6.2 二次遅れ系(高次遅れ系)
  6.3 二次遅れ系(二次振動系)
  6章の問題

第7章 伝達関数と図式表現(3)
  7.1 一次進み要素
  7.2 位相進み要素
  7.3 位相遅れ要素
  7.4 むだ時間要素
  7章の問題

第8章 ボード線図の合成と分解
  8.1 ボード線図の合成
  8.2 ボード線図の分解による伝達関数の推定
  8章の問題

第9章 極と出力
  9.1 系の時間応答出力の求め方
  9.2 一次遅れ系の応答
  9.3 二次遅れ系の応答
  9.4 一般的な系の応答
  9章の問題

第10章 系の安定性
  10.1 極とモード
  10.2 安定判別法
  10.3 制御系設計への応用
  10章の問題

第11章 制御系の設計
  11.1 制御の分類
  11.2 フィードバック制御とフィードフォワード制御
  11.3 フィードバック制御における調節器の働き
  11.4 代表的な調節器
  11章の問題

第12章 根軌跡法
  12.1 根軌跡の意味
  12.2 根軌跡の描き方
  12章の問題

第13章 過渡応答と制御評価指標
  13.1 系の過渡応答
  13.2 一次遅れ系の過渡応答
  13.3 (一次遅れ+積分)系の過渡応答
  13章の問題

第14章 古典制御理論から現代制御理論へ
  14.1 古典制御理論と現代制御理論との比較
  14.2 最適レギュレータ問題
  14章の問題

第15章 古典制御理論と現代制御理論との対応
  15.1 可制御性と可観測性
  15.2 状態方程式と伝達関数
  15.3 状態方程式と重み関数
  15.4 状態フィードバックの効果
  15章の問題

問題解答
参考文献
索引