株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



グラフィック情報工学ライブラリ 7

「基礎オペレーティングシステム」
〜 その概念と仕組み 〜

毛利公一(立命館大学教授) 著

定価:2,052円(本体1,900円+税)
発行:数理工学社
発行日:2016-08-10
ISBN 978-4-86481-039-5 / A5判/224頁


<内容詳細>
本書は情報工学系の学生を想定し,種々のオペレーティングシステムに共通するコアとなる部分について,その概念と仕組みを理解できるように解説した入門書.より深く学べるように,章末には演習問題を掲載した.

<目次>
第1章 序論
  1.1 オペレーティングシステムとは
  1.2 オペレーティングシステムの意義と歴史
  1.3 オペレーティングシステムの構成要素
  1.4 オペレーティングシステムの構成法
  1.5 オペレーティングシステムの運用と管理
  演習問題

第2章 プロセスの管理とスケジューリング
  2.1 プロセスとは
  2.2 プロセスの状態と遷移
  2.3 プロセス制御ブロック
  2.4 プロセスの操作
  2.5 スレッドと軽量プロセス
  2.6 マルチプログラミングの概念
  2.7 CPUスケジューラとスケジューラの基準
  2.8 スケジューリングアルゴリズム
  演習問題

第3章 プロセスの同期と通信
  3.1 並行プロセスとは
  3.2 並行プロセスの指定
  3.3 プロセスの同期と相互排除
  3.4 プロセス間通信
  3.5 デッドロック
  演習問題

第4章 実記憶の管理
  4.1 記憶階層
  4.2 記憶管理技法の概要
  4.3 単一連続割付け
  4.4 固定区画割付け
  4.5 可変区画割付け
  4.6 記憶保護
  演習問題

第5章 仮想記憶の管理
  5.1 仮想記憶とは
  5.2 ページング
  5.3 セグメンテーション
  5.4 仮想記憶の管理技法
  5.5 フェッチ技法
  5.6 置換え技法
  5.7 割付け技法
  5.8 スラッシング
  5.9 局所性
  5.10 ワーキングセットモデル
  演習問題

第6章 ファイルシステム
  6.1 ファイルとは
  6.2 ファイルの内部構造
  6.3 ファイル操作
  6.4 ファイル構造とアクセス法
  6.5 ディレクトリの管理
  6.6 ディレクトリの階層
  6.7 ファイル保護
  6.8 2次記憶の割付け技法
  演習問題

第7章 割込みと入出力の制御
  7.1 割込みの制御
  7.2 入出力の制御
  7.3 タイマ管理
  演習問題

第8章 仮想化技術
  8.1 仮想化の基本概念
  8.2 特権命令
  8.3 メモリ管理
  8.4 デバイス
  演習問題

演習問題略解
参考文献
索引