株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



ライブラリケースブック会計学 2

「ケースブック簿記会計入門」

佐藤信彦(熊本学園大学教授)
泉 宏之(横浜国立大学教授) 著

定価:1,814円(本体1,680円+税)
発行:新世社
発行日:2002-07-10
ISBN 978-4-88384-048-9 / A5判/216頁


<内容詳細>
企業の営みの「記録」として簿記を捉え,複式簿記の基礎概念から,記録の方法および財務諸表の作成までの一連の簿記手続を解き明かす新鮮な簿記会計テキスト.

<目次>
I 記録としての簿記
1 記録の目的
    1.1 記録と記憶
    1.2 内部利用目的=企業・経営者側からの目的
    1.3 外部利用目的
2 記録の範囲
    2.1 正規の記録と取引
    2.2 財務活動等の変容と記録範囲の拡大
    2.3 経済活動の複雑化と記録の範囲
3 記録の時期
    3.1 営業活動の記録時点
    3.2 その他の活動の記録時点
4 記録の媒体
    4.1 帳簿
    4.2 伝票
    4.3 電子帳簿
    4.4 記録媒体の保存等に関する法令の定め

II 複式簿記の仕組み
5 複式簿記の基礎
    5.1 簿記の種類
    5.2 簿記の機能\r
    5.3 複式簿記の基礎概念
    5.4 複式簿記の記入ルール
6 複式簿記の手続
    6.1 複式簿記の基本手続
    6.2 決算整理
7 財務諸表の作成
    7.1 複式簿記の勘定記録と財務諸表\r
    7.2 精算表\r
    7.3 財務諸表への組替
    7.4 貸借対照表\r
    7.5 損益計算書
    7.6 財務諸表作成までの手続
8 補助簿の利用
    8.1 日々の活動管理のための簿記
    8.2 補助記入帳
    8.3 補助元帳

III 複式簿記と財務報告
9 固定資産の簿記処理
    9.1 固定資産の記録数値
    9.2 固定資産の本質と処理
10 財務諸表表示と相殺
    10.1 簿記上の取引概念と「認識」
    10.2 損益計算書における相殺
    10.3 貸借対照表における相殺
11 手形割引と財務活動
    11.1 債権譲渡による資金調達
    11.2 手形決済の仕組みと簿記処理
    11.3 手形割引の仕組みと簿記処理
12 記録数値の意味と解釈
    12.1 借入金の記録数値
    12.2 貨幣の時間価値と金利計算
    12.3 貨幣の時間価値と簿記記録

練習問題解答
文献案内
索引