株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新法学ライブラリ 16

「国際私法 第2版」

石黒一憲(東京大学名誉教授) 著

定価:4,104円(本体3,800円+税)
発行:新世社
発行日:2007-02-25
ISBN 978-4-88384-107-3 / A5判/480頁


<内容詳細>
1898年以降,日本の国際私法の基本法となっていた「法例」が全面改正され,「法の適用に関する通則法」として現代化された内容となった.本書は2007年1月に施行されたこの新法に対応し,旧版を大幅な修正・加筆を行い,その改正の射程・問題点を余すところなく論じたものである.

<目次>
1 日本社会の真の国際化と国際私法
  1.1 夏目漱石と「現代日本の開化」,そして平成18年の「法例廃止」(全面改正)
  1.2 日本社会の国際性の欠如?
  1.3 国際私法(牴触法)学の基本的任務

2 準拠法選択の基礎理論
  2.1 国際的民事紛争の処理プロセス
  2.2 準拠法選択を論ずる具体的意義 ―国際金融紛争を例に
  2.3 現代国際私法の歴史的位相をめぐって
  2.4 伝統的国際私法の第2の危機? ―平成元年法例改正との関係を含めて
  2.5 国際私法と憲法
  2.6 統一法と国際私法
  2.7 法の国内的な牴触の諸相と国家の分裂・統合

3 準拠法選択の技術的諸問題―国際私法総論
  3.1 国際私法上の性質決定
  3.2 国際私法上の反致
  3.3 先決問題
  3.4 適応(調整)問題
  3.5 外国法の適用と裁判所
  3.6 国際私法上の公序

4 国際私法各論
  4.1 国際契約法
  4.2 契約外債務の準拠法
  4.3 国際債権法に共通する諸問題
  4.4 国際企業法
  4.5 国際物権法
  4.6 国際家族法

主要邦語文献
索引