株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



経済学叢書 Introductory

「公共経済学入門」

上村敏之(関西学院大学教授) 著

定価:2,700円(本体2,500円+税)
発行:新世社
発行日:2011-02-10
ISBN 978-4-88384-155-4 / A5判/280頁


<内容詳細>
ミクロ経済学の基礎も含めて構成し,予備知識がなくても読み進められる入門テキスト.政府の経済活動のメカニズムから,その分析・評価方法までを明快に説き明かした.初学者の理解を配慮し余剰分析の図を駆使した部分均衡分析による1財モデルをメインに説明し,最終章で無差別曲線を用いた2財モデルを紹介する.2色刷.

<目次>
第1章 需要と供給
  1.1 需要曲線と供給曲線
  1.2 効用曲線と限界効用曲線
  1.3 需要曲線と消費者余剰
  1.4 費用曲線
  1.5 収入曲線と利潤曲線
  1.6 限界費用曲線と平均費用曲線
  1.7 費用曲線と供給曲線
  1.8 供給曲線と生産者余剰

第2章 市場の働きと価格政策
  2.1 市場需要曲線と市場供給曲線
  2.2 市場の価格メカニズムと総余剰
  2.3 部分均衡分析と一般均衡分析
  2.4 経済循環と様々な市場
  2.5 政府の価格政策1:家賃統制
  2.6 政府の価格政策2:米価維持政策
  2.7 政府の価格政策3:米の二重価格制度
  2.8 需要曲線の傾きと価格政策
  2.9 市場の失敗
  2.10 政府を含む経済循環

第3章 公共財I
  3.1 非競合性と非排除性
  3.2 公共財の分類
  3.3 競合性と混雑現象
  3.4 公共財の生産と負担の形態
  3.5 公共財の社会的需要曲線
  3.6 公共財の最適な数量の決定
  3.7 公共財の最適な負担の決定
  3.8 公共財の需要の虚偽の申告

第4章 公共財II
  4.1 中央政府と地方政府の役割
  4.2 地方分権定理
  4.3 足による投票
  4.4 補助金とスピルオーバー
  4.5 中位投票者の定理
  4.6 2大政党制における政策
  4.7 投票による公共財の配分
  4.8 官僚による予算最大化

第5章 外部性
  5.1 外部性とは何か
  5.2 外部性の具体例
  5.3 負の外部性の具体例:タバコの喫煙
  5.4 負の外部性による市場の失敗
  5.5 正の外部性の具体例:街灯の明かり
  5.6 正の外部性による市場の失敗
  5.7 税と補助金による外部性の内部化
  5.8 コースの定理

第6章 自然独占
  6.1 完全競争市場の条件
  6.2 不完全競争の市場構造
  6.3 自然独占の形成1:規模の経済
  6.4 自然独占の形成2:巨額の固定費用
  6.5 独占企業の利潤最大化行動
  6.6 独占企業への価格規制
  6.7 二部料金制度
  6.8 価格規制の限界と他の規制手段

第7章 租税
  7.1 租税とは何か
  7.2 3つの租税原則
  7.3 垂直的公平と水平的公平
  7.4 累進税と逆進税
  7.5 犠牲説
  7.6 課税の転嫁と帰着
  7.7 消費課税の経済効果
  7.8 所得課税の経済効果
  7.9 需要の価格弾力性と最適課税
  7.10 特殊な市場への課税

第8章 公債
  8.1 公債と政府の財政運営
  8.2 公債の特徴
  8.3 公債と租税の違い
  8.4 公債と市場の関係
  8.5 プライマリー・バランス
  8.6 財政の持続可能性
  8.7 伝統的な公債負担論
  8.8 リカードの等価定理
  8.9 バローの中立命題

第9章 所得再分配政策
  9.1 市場による所得分配1
  9.2 市場による所得分配2
  9.3 政府による所得再分配政策
  9.4 所得の不平等度
  9.5 社会厚生1
  9.6 社会厚生2
  9.7 リスク・シェアリング
  9.8 ターゲット効率性
  9.9 負の所得税

第10章 2財モデルによる公共経済学
  10.1 家計による2財の数量の選択1
  10.2 家計による2財の数量の選択2
  10.3 個別消費税と一般消費税
  10.4 労働供給と所得税
  10.5 リカードの等価定理(再考)
  10.6 特定補助金の一般財源化
  10.7 公共財の効率的な生産
  10.8 公共財と私的財の選択

文献案内
発展問題の解答例
索引
著者紹介