株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



ライブラリ経済学コア・テキスト&最先端 A-1

「実験経済学入門」

下村研一(神戸大学教授) 著

定価:1,944円(本体1,800円+税)
発行:新世社
発行日:2015-09-25
ISBN 978-4-88384-229-2 / A5判/176頁


<内容詳細>
経済学の基盤にある「需要と供給」の理論は実験的に確かめうるのであろうか.本書はその検証手法として「ダブルオークション」実験を紹介しつつ,実験経済学の基礎的な考え方を案内する.まず経済理論を確認したうえで,実験の準備と注意点を述べ,実際に行った実験の結果を検討していく.今後の経済学研究において実験経済学が果たす役割,また経済実験が持つ教育的意義がよく理解できる書.

<目次>
序章 なぜ「理論ある実験」か

1 完全競争の基礎理論:経済実験の原点
  1.1 完全競争市場とは
  1.2 部分均衡モデルと余剰分析:展望と基本概念
  1.3 部分均衡モデルと余剰分析:2財モデルの構築
  附録 一般均衡モデルの中での部分均衡モデル(市場開始前)

2 完全競争の部分均衡
  2.1 資産,市場,価格
  2.2 価格決定のしくみ
  2.3 完全競争均衡
  附録 一般均衡モデルの中での部分均衡モデル(市場開始後)

3 ダブルオークションによる実験
  3.1 「神の見えざる手」をめぐって
  3.2 ダブルオークションの解説
  3.3 実験の手順
  3.4 実験経済学を生んだ2つの実験
  附録 インストラクションと記録用紙

4 経済モデルと実験結果
  4.1 実験の背景
  4.2 結果発表
  4.3 実験のおきて

5 ダブルオークションによる再実験
  5.1 実験の改造:スケーリング
  5.2 再実験の結果発表
  5.3 部分均衡モデルを少し越えて

6 外部性:完全競争市場の中で
  6.1 村のおきて
  6.2 悪影響と好影響
  6.3 外部性とは
  6.4 外部性経済の競争均衡:非課税の場合

7 外部性:調整過程とピグー税
  7.1 マラソンと相撲
  7.2 企業間の外部性
  7.3 外部性経済の競争均衡の安定性
  7.4 ピグー税によるパレート最適達成
  附録 ポイント1,2,3,4の証明

8 外部性:コースの定理とその向う側
  8.1 定理の鉄人
  8.2 コースの定理とピグー税
  8.3 実験結果の紹介
  8.4 おわりに

終章 経済実験を教育現場に

索引
おわりに