株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



ライブラリ経済学コア・テキスト&最先端 11

「コア・テキスト国際経済学 第2版」

大川昌幸(立命館大学教授) 著

定価:2,862円(本体2,650円+税)
発行:新世社
発行日:2015-10-25
ISBN 978-4-88384-232-2 / A5判/320頁


<内容詳細>
はじめて国際経済学に触れる読者を対象とした好評テキストの改訂版.各章のデータの更新や新しいトピックスの追加を行いつつ,基本となる概念やモデルの解説についても,よりわかりやすいものとした.初学者でも無理なく読み通せるよう工夫された丁寧な説明で,より高度な学習に進むための基礎を身につけることができる.2色刷.

<目次>
第I部 国際貿易とその理論

1 世界の通商システムと日本
  1.1 世界と日本の経済成長と貿易の拡大
  1.2 戦後の世界の通商システムの誕生
  1.3 GATT/WTOとその基本原則
  1.4 多角的関税引き下げ交渉
  1.5 WTOの誕生
  1.6 WTOの紛争解決手続き
  1.7 WTOで認められている対抗措置
  練習問題

2 貿易の基本モデル(1):部分均衡分析
  2.1 市場の部分均衡分析
  2.2 需要曲線と消費者余剰
  2.3 供給曲線と生産者余剰
  2.4 自給自足経済での市場均衡
  2.5 貿易の自由化と貿易利益
  練習問題

3 貿易の基本モデル(2):2財の貿易モデル
  3.1 はじめに
  3.2 消費者行動の理論
  3.3 自給自足経済の均衡
  3.4 自由貿易均衡:小国経済の場合
  練習問題

4 リカード・モデル
  4.1 リカード・モデル
  4.2 絶対優位と比較優位
  4.3 生産可能性フロンティア
  4.4 相対価格と貿易パターン
  4.5 世界市場での相対価格の決定
  4.6 自由貿易均衡と貿易利益
  4.7 絶対優位と賃金水準
  練習問題

5 ヘクシャー=オリーン・モデル
  5.1 リカード・モデルとヘクシャー=オリーン・モデル
  5.2 固定係数モデル
  5.3 リプチンスキー定理
  5.4 ヘクシャー=オリーン定理
  5.5 ストルパー=サミュエルソン定理
  5.6 要素価格均等化定理
  5.7 (補論)可変的投入係数のヘクシャー=オリーン・モデル
  練習問題

6 不完全競争と国際貿易
  6.1 不完全競争市場の特徴
  6.2 国内独占と自由貿易:小国の場合
  6.3 輸出企業の価格差別化とダンピング
  6.4 製品差別化と産業内貿易
  練習問題

7 完全競争と貿易政策
  7.1 貿易政策の手段
  7.2 関税の効果:小国の場合
  7.3 関税と生産補助金および消費税
  7.4 関税と輸入数量割当ての同等性
  7.5 関税の効果:大国の場合
  7.6 有効保護の理論
  練習問題

8 不完全競争と貿易政策
  8.1 はじめに
  8.2 国内市場が独占の場合の関税と輸入数量割当ての効果
  8.3 外国の独占企業に対する輸入関税
  8.4 戦略的貿易政策
  8.5 保護貿易の政治・経済的背景
  練習問題

9 生産要素の国際移動
  9.1 国際間の資本移動とは
  9.2 国際要素移動の基礎理論
  9.3 貿易と資本移動の関係
  練習問題

10 地域経済統合とその理論
  10.1 地域経済統合とは
  10.2 WTOと地域経済統合
  10.3 地域経済統合の基礎理論
  10.4 日本の経済連携協定
  練習問題

第II部 外国為替と国際マクロ経済

11 海外取引と国際収支
  11.1 フローとストック
  11.2 国民所得勘定と対外取引
  11.3 開放経済と国際収支
  練習問題

12 外国為替市場と外国為替レート
  12.1 外国為替レート
  12.2 外国為替市場
  12.3 為替相場制度と外国為替レート
  12.4 外国為替相場の変化と貿易収支
  12.5 直物為替相場と先渡為替相場
  練習問題

13 外国為替相場の決定理論
  13.1 アセット・アプローチ
  13.2 購買力平価説
  練習問題

14 外国貿易と国民所得水準の決定
  14.1 開放マクロ経済の国民所得の決定
  14.2 需要の変化の影響
  練習問題

15 開放経済のマクロ経済政策
  15.1 マンデル=フレミング・モデル
  15.2 固定相場制下の財政・金融政策
  15.3 変動相場制下での財政・金融政策
  練習問題

文献案内
参考文献
練習問題略解
索引