株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



電子・通信工学 18

「電磁波工学入門」

高橋応明(千葉大学准教授) 著

定価:2,268円(本体2,100円+税)
発行:数理工学社
発行日:2011-10-25
ISBN 978-4-901683-83-8 / A5判/184頁


<内容詳細>
電磁波について,平面波,伝送線路,電波特性など基本的な性質を学び,通信の利用に重要な各種のアンテナ,電波伝搬について解説.放送,携帯電話,測位システム,医療など,様々な分野で利用される例も紹介.

<目次>
第1章 電磁波とは
  1.1 電波の発見
  1.2 無線通信の始まり
  1.3 電磁波の周波数
  1.4 アンテナ
  1章の問題

第2章 平面波
  2.1 マクスウェルの方程式
  2.2 波動方程式
  2.3 平面波
  2.4 ポインティングベクトル
  2.5 偏波
  2.6 平面波の反射
  2章の問題

第3章 伝送線路
  3.1 分布定数線路
  3.2 伝送線路の種類
  3.3 導波管
  3章の問題

第4章 電磁波の放射
  4.1 波源からの放射
  4.2 微小電流素子からの放射
  4.3 指向性
  4.4 放射抵抗と入力インピーダンス
  4.5 実効長
  4.6 利得
  4.7 可逆定理
  4章の問題

第5章 基本的なアンテナ
  5.1 線状アンテナ
  5.2 板状アンテナ
  5.3 開口面アンテナ
  5章の問題

第6章 アレイアンテナ
  6.1 アレイアンテナ
  6.2 均一等間隔アレイ
  6.3 アレイアンテナの指向性合成
  6.4 アレイアンテナの利得
  6.5 アレイの相互結合
  6.6 走査型アレイ
  6章の問題

第7章 電波伝搬
  7.1 電波伝搬の分類
  7.2 地上波伝搬
  7.3 対流圏伝搬
  7.4 電離圏伝搬
  7.5 フェージング
  7章の問題

第8章 電波応用
  8.1 無線通信回線
  8.2 放送
  8.3 移動体通信
  8.4 測位システム
  8.5 ITS
  8.6 RFID
  8.7 医療応用
  8.8 電磁波加熱
  8章の問題

付録
演習問題解答
参考文献
索引