株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



ライブラリ会計学最先端 1

「知的無形資産会計」

白石和孝(北九州大学教授) 著

定価:2,160円(本体2,000円+税)
発行:新世社
発行日:1997-09-01
ISBN 978-4-915787-72-0 / A5判/176頁


<内容詳細>
イギリスを中心とした欧米における知的無形資産,主として「ブランド」の会計について,資産計上の論拠,評価基準,評価方法,それに課題と今後の展望を日本の現状を見据えつつ詳述する.

<目次>
1 ブランド資産計上の事例とその意義
    1-1 ブランド資産計上の事例
    1-2 ブランド資産計上の意義
2 イギリスにおける暖簾の会計処理
    2-1 買入暖簾の会計処理
    2-2 自己創設暖簾の会計処理
3 ブランド資産計上の論拠
    3-1 法的・制度的根拠
    3-2 企業にとってのブランド資産計上の効果
4 ブランドの評価方法(1)
    4-1 多様なブランドの評価基準
    4-2 ブランドを資産計上した企業の評価基準
    4-3 評価基準に求められる要件
    4-4 その他の代表的なブランドの評価方法
5 ブランドの評価方法(2)−RHM社の事例
    5-1 ブランド評価への「企業にとっての価値」概念の適用
    5-2 RHM社の評価方法の具体的検討
6 ブランド会計の課題
    6-1 「分離可能性」の定義
    6-2 「非償却」問題
    6-3 「収益・費用観」のもとでのブランドの会計処理
7 総括と展望
    7-1 伝統的な「収益・費用観」のもとでのブランドの会計処理
    7-2 「価値アプローチ」による「自己創設知的無形資産」の資産計上
8 補遺 財務報告公開草案第12号(FRED12)「暖簾と無形資産」の検討