株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 131

臨時別冊・数理科学2017年1月
「超対称性の破れ」
〜 場の理論から弦理論まで 〜

大河内豊(九州大学准教授) 著

定価:2,420円(本体2,241円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2017-01-25
JAN 4910054700176 / B5判/192頁


<内容詳細>
この20年間で飛躍的に進歩した超対称性の破れに関する研究成果をまとまった形で解説.低エネルギーの場の理論から高エネルギーの弦理論まで幅広く採り上げ紹介.

<目次>
第1章 超対称ラグランジアンの構成
  1.1 超場形式
  1.2 超対称性を持つQCD
  1.3 N=2超対称性

第2章 超対称性理論の性質
  2.1 ネーターカレント
  2.2 カイラル環
  2.3 非繰り込み定理
  2.4 走るゲージ結合定数

第3章 超対称ゲージ理論の非摂動的ダイナミクス
  3.1 ゲージ理論の相構造
  3.2 双対マイスナー効果
  3.3 SQCD:準備
  3.4 SQCDと相構造
  3.5 サイバーグ・ウィッテン理論
  3.6 QCDの特殊性

第4章 超対称性の自発的破れ
  4.1 超対称性の破れ
  4.2 モデルの構成
  4.3 R対称性と準安定状態
  4.4 一般化されたオラファティモデル
  4.5 宇宙定数とグラビティーノの質量

第5章 ダイナミカルな超対称性の破れ
  5.1 アフレック・ダイン・サイバーグモデル
  5.2 井沢・柳田・イントリゲータ・トーマスモデル
  5.3 イントリゲータ・サイバーグ・シィモデル
  5.4 モデル構築の柔軟性

第6章 ゲージ伝達機構
  6.1 超対称性の破れとその伝達
  6.2 ゲージ伝達:一般論
  6.3 ゲージ伝達:具体的な議論
  6.4 ゲージーノの質量と準安定状態
  6.5 ゲージーノ遮蔽
  6.6 北野・大栗・大河内モデル

第7章 準安定真空の崩壊
  7.1 真空の寿命の計算
  7.2 ソリトンによる偽真空崩壊の触媒効果

第8章 拡張された超対称性の破れ
  8.1 超対称性を破る真空の構成法
  8.2 部分的超対称性の破れ

第9章 ブレーン配位と超対称性の破れ
  9.1 Dブレーンの導入
  9.2 ブレーン配位の基礎
  9.3 弦理論における超対称性の破れ

第10章 幾何学的転移と超対称性の破れ
  10.1 カラビ・ヤウコンパクト化,モジュライ空間,特殊幾何
  10.2 ノンコンパクトな場合の議論
  10.3 幾何学的転移とグコフ・バッファ・ウィッテンポテンシャル
  10.4 幾何学的に実現された準安定状態

第11章 ドジッター時空の構成
  11.1 KKLTモデル
  11.2 弦理論のランドスケープとマルチバース

参考文献
索引