株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 123

臨時別冊・数理科学2016年3月
「量子測定と量子制御」

沙川貴大(東京大学准教授)
上田正仁(東京大学教授) 著

定価:2,600円(本体2,407円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2016-03-25
JAN 4910054700367 / B5判/224頁


<内容詳細>
量子光学,冷却原子気体,及びメソスコピック系の実験技術,量子情報理論や量子制御理論の進展により,量子開放系の非ユニタリ発展の本格的な記述・分析がますます重要になってきている.本書はこのような状況を踏まえ,量子測定と量子制御に関する現代的理論の骨格部分と具体例,さらにその背景にある古典制御理論の初歩を詳しく解説した時代の要請に応えるモノグラフである.
---> 書評ページ

<目次>
第1章 量子論の基本概念
  1.1 量子状態と物理量
  1.2 混合状態と密度演算子
  1.3 非ユニタリ過程とクラウス演算子

第2章 量子測定理論
  2.1 測定演算子とPOVM
  2.2 測定に伴う誤差と反作用
  2.3 いろいろな不確定性関係
  2.4 量子測定の具体例
  2.5 量子状態トモグラフィー

第3章 量子状態推定
  3.1 古典推定理論
  3.2 量子推定理論

第4章 量子マスター方程式
  4.1 簡単な形式論
  4.2 二準位原子のダイナミクス
  4.3 ミクロなダイナミクスからの導出
  4.4 電磁場中の量子系
  4.5 量子ドットとリード線の相互作用

第5章 確率マスター方程式
  5.1 ポアソン過程
  5.2 ガウス過程

第6章 量子フィードバック制御
  6.1 量子フィードバック制御の考え方
  6.2 測定結果の直接フィードバック
  6.3 量子最適制御

第7章 量子確率過程
  7.1 連続自由度の電磁場
  7.2 量子ウィーナー過程
  7.3 確率マスター方程式のミクロな導出
  7.4 入力-出力フォーマリズム
  7.5 量子確率微分方程式

第8章 非マルコフ過程
  8.1 量子ゼノ効果
  8.2 ダイナミカル・デカップリング

付録A 光と原子の物理
  A.1 光の量子状態
  A.2 光と原子の相互作用

付録B 古典確率過程と古典制御理論
  B.1 確率過程入門
  B.2 軌道推定とカルマンフィルタ
  B.3 最適制御理論

参考文献
索引