株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 31

臨時別冊・数理科学2004年3月
「分子コンピュータの現状と展望」
〜 分子プログラミングへの展開 〜

萩谷昌己(東京大学教授) 編著

定価:1,646円(本体1,524円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2004-03-25
JAN 4910054700343 / B5判/144頁


<内容詳細>
分子コンピュータは従来の電子式コンピュータとは異なる計算原理に基づくもので,新たな分野への応用が期待されている.本書では,その概要から理論モデル,実装と応用に至るまで,幅広く解説する.

<目次>
I. 概要と背景 
 最近の分子コンピューティング ―― 萩谷 昌己 
 分子計算の現状 
    −DNA8の話題から− ―― 西川 明男 
 分子プログラミング 
    −分子コンピューティングの設計論− ―― 萩谷 昌己 
 ウエット進化計算 ―― 山村 雅幸 

II. 理論とシミュレーション 
 分子計算の理論モデル ―― 小林 聡・榊原 康文・横森 貴 
 生体分子と計算 ―― 坂本 健作 
 DNAの配列設計 ―― 有田 正規 
 DNAの逆フォールディングと構造変化経路の解析 ―― 久保田 光宏・萩谷 昌己 
 仮想バネモデルによる自己組織的なかたちづくり ―― 村田 智 

III.さまざまなモデル 
 分子コンピューティングの新しいモデル 
    −有限状態オートマトンの2つの新しい実装方法− ―― 榊原 康文 
 無配線分子コンピューティング ―― 青木 孝文・平塚 眞彦・樋口 龍雄 
 分子メモリー 
    −アクエアスコンピュータの分子生物学的実現− ―― 山村 雅幸 
 光を用いたDNA操作技術の開発 
    −光分子コンピューティングへの応用をめざして− ―― 小倉 裕介・川上 高志・住山 文香・谷田 純 

IV. 実装と応用 
 分子プログラミング 
    −大容量分子メモリと分子錠− ―― 萩谷 昌己・山本 雅人・亀田 充史 
 分子計算から展開したDNAナノテクノロジーの動向 ―― 西川 明男 
 インタビュー:DNAコンピュータの現状と将来 ―― 陶山 明